SCREEN

株式会社クォーツリード|石英ガラス加工を原点に、太陽電池、液晶パネル分野へ

ホーム > トピックス > SEMICON Japan 2008に出展


トピックス

SEMICON Japan 2008に出展

2008年12月3日~5日に、千葉県幕張メッセで開催された「SEMICON Japan 2008」に出展しました。たくさんのご来場ありがとうございました。

会場風景


会期
2008年12月3日(水)~5日(金) 10:00~17:00
会場
日本コンベンションセンター「幕張メッセ
弊社小間
ホール4 ブースNo.4B-105

エレクトロニクス製品の生命である半導体。微細化、多様化など、その進化はとどまることを知りません。私たちは、大手半導体製造装置メーカーである大日本スクリーン製造株式会社のグループ企業として、2001年に創業。半導体製造装置用石英ガラス製処理槽とその関連部品の開発・製造を手掛ける専門会社として、300mmウエハーを使用した高集積度半導体の製造に対応した高品質の石英槽を市場に安定供給しています。また、近年では今までに培った技術を応用し、液晶パネル分野や太陽電池分野の研究・開発にも取り組み、お客さまのニーズに合わせた製品を供給し続けています。
「私たちの優れた技術、そしてその可能性を、より多くの人に知っていただきたい」そんな思いを実現するため、昨年に引き続き今年も、世界最大の半導体製造装置・材料の国際展示会「SEMICON Japan 2008」に出展することになりました。
ぜひ会場にお越しいただき、私たちの独創の技術をご覧ください。

POINT

石英ガラス槽、大口径チューブをはじめとする大型石英加工製品、そして第10世代のサイズに対応する超大型合成マスク用材料の切断技術など、次世代の製造プロセスを担うクォーツリードのコア技術を、実際にお確かめいただけます。

クォーツリード ブース ホール4 ブースNo.4B-105

一覧へ戻る


このページのトップへ


〒963-0215 福島県郡山市待池台1-15-4 郡山西部第二工業団地
TEL:024-963-1711 / FAX:024-963-1712