SCREEN

株式会社クォーツリード|石英ガラス加工を原点に、太陽電池、液晶パネル分野へ

ホーム > トピックス > 第8世代の大サイズに対応する石英ガラス切断業務を開始


トピックス

第8世代の大サイズに対応する石英ガラス切断業務を開始

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区 ⁄ 社長:橋本 正博)が100%出資するグループ会社、株式会社クォーツリード(本社:福島県郡山市 ⁄ 社長:千葉 喜三)は、大サイズ薄型テレビのパネル製造に使用する、第8世代対応フォトマスク用合成石英の切断加工業務を、2006年7月から開始しました。

いわき工場

薄型テレビの急速な普及に伴い、フラットパネルディスプレー(以下、FPD)業界では2006年以降、第8世代のガラス基板を使った大型パネルの生産に向けた設備投資が活発化すると予想されています。そのため、パネル製造に関連する材料メーカーでは、パネルの大型化への対応とともに、高品質で安定した生産・加工体制の確立が急務になっています。

クォーツリードでは、このような業界の動向にいち早く対応し、2005年4月からFPD用フォトマスクに使用する合成石英の塊(インゴット)の切断加工業務を開始。第5、第6世代対応の石英インゴットを切断できる大型ワイヤースライサーを導入するなど、フォトマスクの大型化へのニーズに応えるだけでなく、切断工程における歩留まりの向上にも貢献しています。このたび、第8世代クラスの石英インゴットをワイヤーで10mm前後の厚さに切断可能な大型ワイヤースライサーを、新たに建設した専用棟に導入。フォトマスクのさらなる大型化に対応するとともに、さまざまなサイズの要望に迅速・柔軟に対応できる体制を構築し、事業規模の拡大を可能にします。

クォーツリードは、第8世代フォトマスク対応の切断加工業務の開始により、主力事業である半導体製造装置用石英ガラス製部品の製造に加え、FPD業界における材料メーカーからの幅広い要望への対応を図ります。

第8世代の大サイズに対応する石英ガラス切断業務を開始(PDF:239KB)

一覧へ戻る


このページのトップへ


〒963-0215 福島県郡山市待池台1-15-4 郡山西部第二工業団地
TEL:024-963-1711 / FAX:024-963-1712